大沼多目的グラウンド トルナーレ










駒ヶ岳を一望できる素晴らしい自然と緑に囲まれた、サッカー場とラグビー場をメインとする町民多目的グラウンド “トルナーレ”。
“トルナーレ”とは、サッカーの本場イタリアの言葉で「おかえり」という意味。みんなが自然にかえり、安らげる場所という願いをこめた愛称です。

フィールド

日本代表が選んだコンディション

 東大沼多目的グラウンドはサッカーコート2面の広さがあり、全面が総天然芝です。
 平成12年8月、トルシエ監督が率いる日本代表がシドニーオリンピックの直前合宿の地としてここを選び、グラウンドのコンディション、またグラウンドを囲む森林がもたらす静粛性と環境のさわやかさを高く評価しました。

 

環境

北海道を代表する景勝地・大沼国定公園

 大沼、小沼、じゅんさい沼の3つの湖を緑豊かな森が囲む大沼国定公園は、大正4年に新日本三景の一つに選ばれた北海道を代表する景勝地です。
 現在は避暑地、リゾート地として、ホテル、スポーツ、レクリエーション施設の整備が進んでいます。
 

気候

梅雨のない、スポーツに適した爽やかさ

 大沼の6月は梅雨のない晴天が続き、7月、8月の盛夏になっても、気温こそ本州並に
高くなるものの湿度は低くすごしやすい天候となります。9月、10月。北海道にあっても大沼は南端部に近く、スポーツに適したすごしやすい気候が続きます。



グラウンド

仕様 全面芝×2面、
サッカー・ラグビー利用可能
使用期間 5月~10月(毎週月曜日は休場日)
使用時間 午前9時~午後5時
利用料金 1面・1時間/2,100円
備品 ラグビーゴール(固定式)×2対、
サッカーゴール(固定式)×2対、
サッカーゴール(移動式)×4対など


アクセス
 


航空機(函館空港から)
千歳 40分
札幌 45分
東京 1時間20分
名古屋 1時間25分
大阪 1時間40分
山形(季節運行) 50分
仙台(季節運行) 1時間
福島(季節運行) 1時間25分
富山(季節運行) 2時間
広島(季節運行) 2時間
 
JR
上野~函館間 7時間
函館~大沼公園間 45分

札幌から
航空機 千歳~函館間 約40分
JR 札幌~大沼公園間特急 約3時間6分
自動車 札幌~大沼公園間 約4時間45分
函館~大沼公園間 約45分

周辺マップ

お問い合わせ先

教育委員会生涯教育課スポーツ振興係(スポーツセンター)
電話:0138-65-4116
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る