七飯町立大沼中学校 鈴蘭谷分校(概要)

学校の概要

<校長名> 西村 和彦
<職員数> 11名(校長含む)
<生徒数> (平成28年4月1日現在)
1年 2年 3年 合計
0
4 9 13

■学校の沿革

 平成 9年 6月 児童福祉法の改正
 平成12年 1月 七飯町教育委員会と大沼学園との協議開始
 平成14年11月 七飯町教育委員会、北海道教育委員会及び北海道による学校教育導入
            の会議の実施
 平成19年 7月 七飯町教育委員会、北海道教育委員会及び北海道による平成21年度から
            の学校教育導入の確認
 平成20年 4月 関係機関による連携会議、七飯地区部会による協議の実施
 平成20年12月 七飯町議会における鈴蘭谷分校設置の条例可決
 平成21年 4月 鈴蘭谷分校開校
 
■教育のめあて・方針
 
 < 教育目標 >

 ・進んで学習する子 → 学習内容や学習方法を身に付け、問題解決に進んで取り組み、
                 学習意欲をもつ子どもを育てます。
 ・自他を思いやる子 → 善悪の判断ができ、生活のルールを理解し、相手や時と場に
                 応じた明るい言動ができる子どもを育てます。
 ・強い体をつくる子  → 日常的に運動に親しみ、自分の体を大切にし、力強い身体を
                 つくる子どもを育てます。
 
 

 
 <指導の重点>

(1)小・中学校の連携を生かした指導
(2)大沼学園の生活指導を踏まえた指導
(3)目標と内容を明確にした指導
(4)他を認め、かかわりを大切にする指導
(5)心身の健康を支える指導
(6)生徒指導の機能を生かした指導
 
取り組み等

 鈴蘭谷分校は、児童福祉法に基づいて設置されている児童自立支援「北海道立大沼学園」
に入所している児童生徒が在籍する学校です。
 大沼学園には、4つの寮があり、各寮では、夫婦である児童自立支援専門員・児童生活支
援員と子ども達が一緒に生活して、基本的な生活習慣を身に付けたり、集団で行動するルール
を学んだりしています。
 また、施設内外の環境整備や美化活動、野球や卓球、和太鼓や人形劇等のスポーツや文化
活動にもにも取り組んでいます。
 
■その他(学校名の由来)

 豊かな自然の中で、夢をもち、たくましく生活する子どもの姿を歌った大沼学園の学園歌に
「鈴蘭の谷に点る灯」の歌詞があります。分校名は、この歌詞に由来しています。
 これまで歌い継がれてきた学園歌は、分校の校歌としても、様々な行事において歌い続けて
いくことになります。

   041-1353 亀田郡七飯町字西大沼8-1
   TEL:0138-67-3378  FAX:0138-67-1665
   E-mail:suzuran@nanae-school.ed.jp

お問い合わせ先

教育委員会学校教育課
電話:0138-66-2067
FAX:0138-66-2070
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る