サッカーJ1『川崎フロンターレ』大沼キャンプ!!

昨年、サッカーJ1リーグで優勝を果たした「川崎フロンターレ」が6月21日(木)から6月29日(金)の9日間、東大沼多目的グラウンド「トルナーレ」で夏季キャンプを行いました。町内での合宿は2年連続10回目。

6月21日(木)、川崎フロンターレの鬼木達監督、小林悠主将、中村憲剛選手の表敬訪問を受け、リーグ優勝の報告をして頂きました。




6月24日(日)の練習後には、町内のサッカー少年団2チームと大沼のスポーツクラブの3団体58名を対象にサッカー教室が実施されました。子どもたちは学年やレベルに合わせたレクリエーションメニューを楽しみました。




 

 6月26日(火)、練習グラウンド(トルナーレ)に近い東大沼小学校の全校生徒7人が練習見学をしました。練習終了後には、選手へのメッセージを寄せ書きした応援旗を小林悠主将、谷口彰悟選手、中村憲剛選手に手渡しました。



 

6月28日(木)、パワースポットである大沼駒ヶ岳神社を訪れリーグ優勝を祈念しました。昨年度のキャンプでも訪れ、リーグ優勝を成し遂げました。




 

 チームはJ1リーグ前半戦を3位で終えましたが、昨年度のように、この大沼キャンプをきっかけとして後半戦で逆転優勝できるよう、川崎フロンターレへの応援を引き続きよろしくお願いします。

お問い合わせ先

スポーツ振興課
電話:0138-65-4116
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る