令和元年7月のおすすめ本 ~本町地域センター図書室~

『 謎解きのスケッチ 』

【著】ドロシーボアーズ【翻訳】松本 真一   


ある日、青年が死体で発見される。
彼は生前、執拗に同じ種類の鳥のスケッチを描いていた。

青年はなぜ殺されたのか?
そして、青年は何のために、鳥のスケッチを描き続けたのか?

ロンドン警視庁の警部は、数多くの関係者に粘り強く聴取を続け、徐々に真犯人をあぶりだしていく。

巧妙な謎解きと熟練した人物描写、女流作家による英国本格ミステリを初邦訳!
 


 

お問い合わせ先

本町地域センター図書室 64-0006

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る