令和元年9月のおすすめ本 ~大中山コモン図書室~

『ニホンカワウソはつくづく運が悪かった?!』


ひらめき動物保全学
漫画家にしてフィールドワーカー、
そして野生動物観察指導員の著者が語る、
動物たちの絶滅の話と、保全の話。

熊谷さとし/著
(偕成社)
 




地球では、淘汰と進化の結果、さまざまな種の生物の出現と絶滅とがくり返されてきた。一方、人類は、さまざまなおこないによって、多くの動物を絶滅に追いやった。その原因を明らかにすれば、今、絶滅が危惧される動物に何をすればよいか見えてくるだろう。絶滅が宣言されたニホンカワウソを追い続けてきた著者の、ひらめきいっぱい「動物保全学」。(本書カバーより)

お問い合わせ先

大中山コモン 65-9711

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る