児童生徒の健康保持・ストレス解消のための日常的な運動について

 一斉休業の実施に伴い、児童生徒たちは家庭での学習時間が多くなり、その一方で、分散登校などを行っておりますが、学習機会が減り、児童生徒たちにとっては、学校に行けないストレスが溜まっていることと思います。
 このような状況の中、文部科学省では、児童生徒の健康保持及び運動不足やストレスを解消するために行う運動の機会を確保することも大切であるとし、安全な環境の下に行われる日常的な運動(ジョギング、散歩、縄跳びなど)を妨げるものではないとの考えが示されております。
 上記のことから、各ご家庭において、児童生徒の健康保持のために屋外で適度な運動を行う場合については、感染リスクを極力減らしながら、適切な運動を行うようお願いいたします。

 また、参考までに、新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について掲載されている文部科学省ウェブページのURLを下記のとおり掲載いたしますので、ご覧ください。
 
【新型コロナウイルス対策関係情報掲載URL】※リンク先:文部科学省ウェブページ

 ・新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
  https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html
 ・新型コロナウイルス感染症対策関係Q&A(令和2年3月17日時点)
  https://www.mext.go.jp/content/20200317-mxt_kouhou01-000004520_2.pdf

お問い合わせ先

教育委員会学校教育課
0138-66-2067

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る