ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

大沼国定公園

 大沼周辺は、明治36年から北海道の道立公園として自然が守られ、公園施設が整備されてきたところで、全国でも最も古い自然公園の1つです。 
大正4年、4月17日には、三保の松原(静岡県)、耶馬溪(大分県)とともに、新日本三景の1つに選ばれ、昭和32年、各方面からの大沼を国定公園にという昇格運動の後押しを受け、道に要望書を提出しました。
翌33年7月に、道立 大沼公園は13番目の国定公園の指定を受け、大沼及び駒ケ岳は国の特別保護区域となりました。
 
駒ヶ岳

大沼という地名

大沼という地名は、アイヌ語の「ポロ・ト」からきています。「ポロ」は「大いなる」を意味し、「ト」は「湖沼」や「水溜まり」を意味します。 そこで、「大湖」または「大沼」ということになり、「大沼」がとられました。因みに、小沼は「ポン・ト」から由来しています。
 

湖の大きさ


表面積
(km2)
最大
水深
(m)
平均
水深
(m)
大 沼 5.12 12.2 4.7
小 沼 3.8 5.5 2.3
蓴菜沼 0.75 4.6 3

Q 大沼湖・小沼湖・蓴菜沼は湖なのか沼なのか?

A 現在の大沼の原型は、約3~5万年前の駒ケ岳の噴火活動により、古大沼が形成され、その後の噴火活動により、大沼・小沼・蓴菜沼が形づくられました。
これらの成因はそれぞれ、堰止湖・陥没湖・陥没湖となっております。(国土地理院調査資料より) 湖・沼の定義については明確なものがなく、一般的に中央部への湖岸からの植物の侵入を許さない深度(5~10m以上)をもつものが湖とされております。これらの資料等より、大沼は湖と判断しております。

お問い合わせ先

経済部商工観光課
電話:0138-65-2517 MAIL:shoukoukankou@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー