ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

大沼の四季の動物【春】

動物

・オジロワシ
  北海道を代表する大型のワシ。成長の尾が白いことが名の由来。冬に北方圏から渡来し海岸や湖で越冬する。主に、魚を餌とし、時には、水鳥もとる。天然記念物。

・ヤマゲラ 
  ハトより小型の黄緑色のキツツキ。雄は前頭部が赤い。 「ピュウピュウピュウピュウピュウー」と半音下がりで鳴き、鳴き真似によく反応する。留鳥で生息は道内に限る。

昆虫

・ エゾスジグロシロチョウ
  春早くから林縁などを飛びまわり、草花を求めて飛ぶ姿は、まさに春の使者である。翅脈に沿って黒色のすじがあり、スジグロシロチョウと非常によく似ている。

・ ツマキチョウ
  モンシロチョウより細身で小型。羽の先がとがって、雄だけ黄色の紋がある。道ばたのコンロンソウなどで吸蜜する姿は、可憐で清楚であるが、飛び方は意外に敏捷。

植物

・ ニリンソウ
  林床や林縁に群生し、春に茎上に1~数個の花をつける。花弁に見えるのはがくで、本来は白色であるが、葉緑素をもち、緑色のものもある。
 若葉は食材となる。

・ コブシ
  広葉樹のなかでも開花が早い。葉に先駆けて開く大柄な白色花は、遠方からもよく目にとまる。モクレンの仲間で、花は芳香を放つ。花の時期から「芋植花」、「種蒔き桜」の名もある。

・ ミズバショウ
  雪解けの水がぬるむのを待って、湿地や池沼緑で花をつける。大柄な緑葉と純白の仏炎苞は、色彩に乏しい早春の水辺でひときわ目をひく。中部地方から北の湿地や水辺に育つ。

・ キクザキイチリンソウ
  広葉樹林の春、まだ明るい林床で一茎に一花つける。がくは花弁状となり、中央に雌しべと雄しべが多数集まっている。花色(がくの色)は青紫から白と変異が見られ、道南は白色系が多い。  
 

 1.草と草のように見える低い木
種   類 見られる
場 所
見られる時期
3月 4月 5月
フッキソウ ほぼ全域
 

 
ナニワズ 林内
 

 
フクジュソウ 堀ノ沢林道
 

 
エゾエンゴサク 吉野山
 

 
ミズバショウ 大沼周遊道路/森林公園奥
 

 
イチゲ 林内
 

 
ツリバネソウ 森林公園奥
 

 
エンレイソウ 林内
 

 
ミツガシワ 水上
 

 
シラネアオイ トンネル上
 

 
チゴユリ 林内土手
 

 
アオチドリ 林内
 

 

2.目の高さより高いところに咲く花(樹木類)
種   類 見られる
場 所
見られる時期
3月 4月 5月
ヤナギ類 湖畔
 

 
ハンノキ 全域
 

 
エゾヤマザクラ 全域
 

 
ミヤマガマズミ 明るい林内
 

 
キタコブシ 蓴菜沼奥/吉野山/大沼西側
 

 
ヤチダモ 全域
 

 

  
○ 新緑のころ目立つ木
 
種  名 見られる
場 所
見 ら れ る 様 子
ナナカマド類 全域 春一番に芽吹く
ブナ 全域 冬芽が赤く目立つ。道南の代表的な木
カツラ 全域 新緑の中にあり、少々赤色で目立つ。
葉のつき方が対称的で美しい。
ナラ 全域 冬芽が黄色。時期的にはやや遅い
カバ類 全域 鮮やかな色調でやわらかい緑

お問い合わせ先

経済部商工観光課観光係
電話:0138-65-2517 shoukoukankou@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー