ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

大沼の四季の動物【夏】

動物

・ ヨタカ
 ハトより少し小さい夜行性の鳥。褐色、白、黒の複雑な模様をもつ。夕暮れから、がま口のような大きな口を開けて、飛びながら昆虫などの餌をとる。一晩中「キョキョキョ・・・」とよく鳴く。

・ アカショウビン
 全身が赤く、唐辛子を大きくしたようなくちばしが特徴。カワセミの仲間で、ムクドリより少し大きい。声も美しく哀愁を帯びた「キョロロロロー」と消えてゆくような鳴き声である。
  
・ オオジシギ
 くちばしの長い茶色の中型のシギ。「ジーップジーップジーップ・ザザザー」という鳴き声と尾羽の音を交えて飛ぶ。木の梢や、電柱に止まって鳴くこともある。
 

昆虫

・ ギンヤンマ
 なわばりを力強く飛びまわり、ホバリングのときは、尾のつけ根の空色が鮮やかで、よく目立つ。大沼にはこのほかに、ミヤマアカネ、ナツアカネなどトンボ類が多い。

・ ブナ
 初夏、枝先の葉腋に雄花穂と雌花穂を別々につけ、秋口に殻斗が割れ、ソバの実に似る堅果を落とす。果形からソバグリの名がある。北海道での分布は道南に限られ、公園内にも多い。

・ ハクサンチドリ
 本州では高山地に見られるが、北海道では平地の日当たりのよい草地に生息する。草丈30センチほど。倒披針形の葉を数枚互生し、初夏ごろ茎上部に紅紫色の小花を総状につける。

植物

・ ヒツジグサ(スイレン)
 池沼の土中の地下茎から葉柄を伸ばして、葉を水面に浮かべる。初夏から晩夏にかけて、長い花柄の花を水面で咲かせる。花色は白、クリーム、紫、淡紅と多彩。

・ コウホネ
 夏期、池沼の水底にある根茎から、葉と花の柄を水面に伸ばす。水面に浮かぶ緑の大葉と黄色い花のコントラストが美しい。ネムロコウホネの葉は、水面に浮かび突出しない。  
 

1.草と草のように見える低い木

種   類 見られる
場 所
見られる時期
6月 7月 8月
マイヅルソウ 林内
 

 
ギンラン 林内
 

 
クマガイソウ 林内
 

 
ツバメオモト 林内
 

 
ノハナショウブ 明るい林内
 

 
アツモリソウ 水辺/吉野山
 

 
コケイラン 暗い林内
 

 
エゾノヒツジグサ 水上
 

 
コウホネ 水上
 

 
ツリフネソウ 道路脇
 

 
ヤマユリ 小沼側
 

 
エゾアジサイ 軍川側
 

 
 
 
2.目の高さより高いところに咲く花(樹木類)
種   類 見られる
場 所
見られる時期
6月 7月 8月
チシマザクラ 横津岳中腹
 

 
ホオノキ 全域
 

 
トチノキ 蓴菜沼/旧国道/全域
 

 
ウワミズザクラ 湖畔道/小沼側
 

 
タニウツギ 明るい山野
 

 
カンボク 湖畔道
 

 
ノリウツギ 明るい山野
 

 

 

お問い合わせ先

経済部商工観光課観光係
電話:0138-65-2517 shoukoukankou@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー