ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

受給資格がなくなる場合

 次のような場合は、手当を受ける資格がなくなりますので、すぐに七飯町役場へ届出てください。
 受給資格がなくなってから受給された手当は、全額返還しなければなりません。

(1)児童が18歳に達する日以降の年度の最初の3月31日になったとき。
(心身に一定以上の障害があるときは20歳になったとき)

(2)手当を受けている母または父が婚姻したとき
 ※法律上の結婚だけでなく、内縁関係や生計を共にしたときも含みます。

(3)手当を受けている方が、年金を受けることができるようになったとき。

(4)児童が父または母の死亡によって支給される公的年金・遺族補償を受けることができるようになったとき。

=>(3)、(4)ともに、「受けられるようになったのに、受けていない」場合も含みます。

(5)遺棄していた父または母から連絡、訪問、送金があったとき

(6)刑務所に拘禁されている父または母が出所したとき(仮出所も含みます。)

(7)児童が父または母と生計を共にするようになったとき。

(8)児童が施設に入所したとき。

(9)養育者が児童と別居するようになったとき。

(10)母または父が児童を監護しなくなったとき

(11)児童が死亡したとき

お問い合わせ先

住民課医療児童助成係
電話:0138-65-2513
FAX:0138-65-9280
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー