ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

大沼だんご

株式会社 沼の家

 沼の家の元祖大沼だんごは、明治38(1905)年大沼が道立公園に指定され、初めて道南を走った「岡蒸気」に乗り大沼を訪れる観光客のお土産として初代堀口亀吉が「だんご」を作り販売し現在の「大沼だんご」として親しまれてきました。
 
 京都の俳人花本聴秋先生の直筆による「花のみか紅葉にもこのダンゴ哉」を掛紙にし「元祖大沼だんご」の目印となっています。

 〒041-1354
 北海道亀田郡七飯町字大沼町145
 TEL:0138-67-2104
    0138-67-2105(FAX兼用)

お問い合わせ先

経済部商工観光課物産振興係
電話:0138-65-2517 shoukoukankou@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー