ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

大沼森林公園

(所在地)北海道亀田郡七飯町字大沼町127
(面 積)37.22ha
 
 大沼公園駅から北へ約1,500m。大沼周遊道路に面して森林公園の ゲートがあります。大沼湖畔の自然林をそのまま利用し遊歩道をレイアウトした森林公園は自然の植物図鑑。四季の自然を肌で感じるアウトドアゾーンです。
 
 春は湿地に水芭蕉が咲き、やがてコブシ、ツツジと広がってゆきます。夏のアヤメ、秋の紅葉も自然林ならではのスケールです。野鳥も森林公園の自慢。広大な駒ケ岳の裾野に続くここには渡り鳥たちも姿を見せ、バードウォッチングに最適。散策中、思いがけない美しい声を耳にされることでしょう。
 

施設の紹介

センターロッジ
 道南杉を使用し、自然林にマッチするように設計されたセンターロッジは、森林公園のシンボル。
 
 杉風館(さんぷうかん)と名づけられたこの建物に南杉を使用し、屋内とテラスにテーブルといすが用意され、150名収容できます。
 散策後の休憩などにご利用ください。
 
遊歩道
 森林公園をめぐる遊歩道は全長約2.5km。ナラ、シラカバ、ニレ、ホウ、トドマツ、カラマツなど自然林をぬけて歩くことができます。
  
 樹名板が設置されていますので、野外学習にもぴったり。また14基の卓、ベンチも設置されています。
   

四阿(あずまや)
 センターロッジの前庭の一角に四阿(あずまや)が建っています。四方吹き抜けの涼しげな休憩所。
 木立ごしに大沼を望む最良のポジションです。
  
 秋の観楓にも情緒たっぷり。となりには水飲み場も設置されています。
  
   

案内版
 ゲートや遊歩道の要所には案内板が設置されています。大が1基、中が8基。コースや各種施設、木々の種類などが明示され、散策に便利です。
  
 季節によってコースを考えるのもいい方法。200枚の樹名板と並んで森林公園の散策を楽しくします。
 

お問い合わせ先

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー