ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

所得控除一覧表

雑損控除:
 次のいずれか多い金額
 (1)(損失の金額-保険等により補てんされた額)-(総所得金額等×1/10)
 (2)(災害関連支出の金額-保険等により補てんされた額)-5万円

医療費控除:
 (支払った医療費-保険等により補てんされた額)
        -{(総所得金額等×5/100)又は10万円のいずれか低い額}(限度額 200万円)

社会保険料控除: 支払った額

小規模企業共済等掛金控除: 支払った額

生命保険料控除:
(1)旧契約(平成23年12月31日以前に生命保険会社等と契約をした保険契約等)に係る生命保険料又は個人年金保険料を支払った場合(両方を支払った場合は、以下の計算方法によりそれぞれ算出した金額の合計額(上限額70,000円))
 <支払った保険料>  <控除額>
 ・15,000円以下  支払った保険料の全額
 ・15,000円を超え40,000円以下   (支払った保険料の合計金額)×1/2+ 7,500円
 ・40,000円を超え70,000円以下   (支払った保険料の合計金額)×1/4+17,500円
 ・70,000円を超える  35,000円
(2)新契約(平成24年1月1日以後に生命保険会社等と契約をした保険契約等)に係る生命保険料、個人年金保険料又は、介護医療保険料を支払った場合(各種にわたり支払った場合は、以下の計算方法によりそれぞれ算出した金額の合計額(上限額70,000円))
 <支払った保険料>  <控除額>
 ・12,000円以下  支払った保険料の全額
 ・12,000円を超え32,000円以下   (支払った保険料の合計金額)×1/2+ 6,000円
 ・32,000円を超え56,000円以下   (支払った保険料の合計金額)×1/4+14,000円
 ・56,000円を超える  28,000円
(3)生命保険・個人年金保険に関して、新契約と旧契約の保険料を支払っている場合
 新旧契約それぞれの計算方法により算出した金額の合計額(各保険の上限額28,000円、全体の上限額70,000円)


地震保険料控除:
支払った地震保険料の2分の1(限度額25,000円)
 <長期損害保険契約に係るもの>
平成18年末までに締結した長期損害保険料については、従前どおり損害保険料控除を適用できる(限度
額10,000円)。ただし、地震保険料控除とともに適用する場合には、地震保険料控除とあわせて限度額
25,000円となる。
  <支払った保険料>  <控除額>
  ・5,000円以下  支払った保険料の全額
  ・5,000円を超え15,000円以下   (支払った保険料の合計金額)×1/2+2,500円
  ・15,000円を超える  10,000円

寄付金控除:
 一定の額   
 ~都道府県、市町村若しくは特別区又は住所地の住民税のしおり参照~
 
障害者控除:
 ・同居特別障害者 53万円
 ・特別障害者  30万円
 ・上記以外 26万円

寡婦(寡夫)控除:
 ・合計所得金額が500万円以下で扶養親族である子を有する寡婦 30万円
 ・上 記 以 外 26万円

勤労学生控除: 26万円

配偶者控除:
  ・老人控除対象配偶者(70歳以上) 38万円
  ・上記以外の控除対象配偶者 33万円
   
配偶者特別控除:
 <控除対象配偶者以外の配偶者の前年の合計所得金額>
  ・45万円未満 33万円
  ・45万円以上75万円未満 38万円-(合計所得金額-38万円)
  ・75万円以上76万円未満  3万円
   
扶 養 控 除:
  ・特定扶養親族(19歳~22歳) 45万円
  ・老人扶養親族(70歳以上) 38万円
  ・老人扶養親族のうち同居老親等 45万円
  ・上記以外の扶養親族(16歳以上) 33万円

  
※ 住民税の所得控除額と所得税の所得控除額は、一部控除額が異なります。  

お問い合わせ先

総務部税務課課税係
電話:0138-65-2515 Mail:zeimuka@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-65-9280
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー