ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

七飯の水・歴史

おいしい七飯の水

七飯町の降水量は多いほうではありません。湿度も低く、高原性気候でありながら冷え込みも
少ないさわやかな温暖気候が特色といわれています。
しかし、古くから水資源に恵まれ、豊かで良好な水質・量を誇っています。
横津岳を中心とする山系は深い緑に覆われ、広葉樹、針葉樹などバラエティに富んだ樹種に
恵まれています。この環境が雨水を無駄なく地中に送り込む作用を強め、豊かな地下水の
供給地を形成しているのです。
七飯町が誇る2大山岳、大沼国定公園のシンボル秀峰「駒ヶ岳」と、豊かな緑を象徴する
横津岳。深い緑に覆われた横津岳はハイキングやスキーなどのメッカとして多くの人々に
親しまれていますが、七飯町の水瓶としても貴重な役割を担っています。
豊かな緑は、雨水の流れをさえぎるダムの働きをします。せき止められた雨水は横津岳の
地中にしみこみ、長い時と共に地下を流れ、やがて水量豊かに湧出します。
つまり七飯町の水道は、横津岳の緑が水瓶になり、横津岳の複雑な地層がフィルターと
なって磨きあげた美しい湧水、地下水が水源です。

【駒ケ岳】

七飯町の水道の歴史

七飯町の美しい豊かな自然環境は、北海道の農業とリゾートのスタート拠点として発展してきました。近年、函館圏の良好な住宅地帯として進展しています。
住民生活の要である水道事業は、町の躍進と共に着々と拡張を進め、昭和31年には大沼地区、39年は大中山地区の簡易水道事業に着手。
そして住宅地帯として注目を集めだした昭和48年に上水道基本計画を策定、昭和51年には大規模な水利権を取得し、人口急増に先駆けて水道事業四カ年工事計画を進めました。
昭和54年、七飯町初の上水道の給水が開始され、その後、軍川、藤城、東大沼地区の簡易水道整備が完了し、現在水道普及率97%に達しています。
これからの水道事業は、人口の伸び、工業化の進展に即応し、さらに安全で豊富な水を、「必要なとき、必要なだけ」の低廉な安定供給の追求につとめていきます。

< 水道事業のあゆみ >
主 な で き ご と
昭和31年 大沼地区簡易水道事業認可 :計画給水人口
1日最大給水量
・・2,600人
・・ 390m3
昭和39年 大中山地区簡易水道事業認可 :計画給水人口
1日最大給水量
・・2,800人
・・・420m3
昭和43年 大沼地区簡易水道事業変更認可 :計画給水人口
1日最大給水量
・・3,400人
・・1,394m3
昭和44年 水道課設置    
昭和48年 上水道基本計画着手    
昭和50年 共立水道組合の統合決定
東部水道組合の統合決定
   
昭和51年 議会に水道事業調査特別委員会設置

水道事業変更認可(大中山簡易水道の拡張)

大中山簡易水道の廃止

水道4ヵ月工事の着工
 


:計画給水人口
1日最大給水量

 
 


・19,500人
・・9,000m3
 
 
昭和53年 拡張地区(東部水道組合部分)の給水開始    
昭和54年 上水道第1期整備拡張工事竣工し、
拡張地区(共立水道組合)の給水開始
   
昭和58年 軍川簡易水道事業認可 :計画給水人口
1日最大給水量
・・・・440人
・・・・366m3
昭和59年 大沼簡易水道
第2次増補改良事業認可
:計画給水人口
1日最大給水量
・・・3,000人
・・・3,500m3
昭和63年 藤城簡易水道事業許可 :計画給水人口
1日最大給水量
・・・1,850人
・・・・480m3
平成元年 藤城簡易水道給水開始    
平成4年 大沼簡易水道東大沼地区
拡張事業着工
:計画給水人口
1日最大給水量
・・・3,000人
・・・3,620m3
平成5年 大沼地区簡易水道東大沼地区
拡張事業給水開始
   
平成16年 軍川簡易水道拡張 :計画給水人口
1日最大給水量
・・・ 617人
・・・ 480m3
平成17年 藤城簡易水道・峠下・仁山地区拡張事業着工 :計画給水人口
1日最大給水量
・・・4,630人
・・・1,195m3
平成19年 大沼簡易水道・軍川簡易水道統合 :計画給水人口
1日最大給水量
・・・3,860人
・・・1,923m3
平成22年 藤城簡易水道・峠下・仁山地区拡張事業
給水開始予定
   

昭和初期の水道管(木管)の埋設



お問い合わせ先

経済部水道課
電話:0138-65-5796
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー