ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

受益者分担金制度とは

 
下水道が整備されることにより、その地域の生活環境は著しく向上し、下水道のない地域にくらべて土地の利用価値が大きく上がります。
いわば下水道は地域の価値を決める貴重な財産です。
しかし、これらの便益を受ける方は、下水道の完備した地域の方々に限られます。
もし下水道の建設費を税金だけでまかなおうとすれば、下水道のない地域の方々との間に著しい不公平を招くことになります。そこで下水道を整備することで便益を受ける方々に、建設費の一部を負担していただき、これによって1日も早く町民全体が下水道の便益を受けることができるように、その建設をさらに促進しようというのが 「受益者分担金制度」 です。

分担金は1回限りです

受益者分担金は、土地の面積に応じて1回限りだけ、建設費の一部を負担していただこうというものであり、税金とは異なります。
なお、下水道を使用している、いないにかかわらず分担金は賦課されます。

分担金を納めていただく方は

下水道が使えるようになった区域内及び近く使えるようになる区域内の土地所有者が対象になります。
ただし、地上権等が設定されている場合、長い間土地を借りている場合は、お話し合いによって負担される方を決めていただきます。

<受益者の一例を図で示すと次のようになります。>

お問い合わせ先

経済部水道課
電話:0138-65-5796
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー