ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

大沼がラムサール条約登録湿地になりました

大沼がラムサール条約登録湿地に!

 平成24年7月3日、ラムサール条約事務局が保管する「国際的に重要な湿地に係る登録簿」に大沼が登録されました。これにより、大沼が「ラムサール条約登録湿地」となります。
 
 大沼がラムサール条約湿地に登録され大変嬉しく思います。
 町民のみなさん、難しく考えないでください。この条約は規制するためのものではなく、次世代へ恥ずかしくない大沼を当たり前に引き継ぐための国際的約束なのです。大沼が世界的に認められたことを良い機会として、町民が集う大沼国定公園となり、大沼の素晴らしい自然に触れ、自然の大切さや尊さを感じていただくことを願っています。また、環境保全に町全体で取り組み、大沼を訪れる方々が環境を考える場所となれば素晴らしいことだと思いますので、みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。
七飯町長 中宮 安一

ラムサール条約とは

 正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といい、1971年、イランのラムサールという町で締結されたため「ラムサール条約」と呼ばれるようになりました。
 近年、湿地は水鳥だけではなく、様々な生き物の生息地として重要視され生物多様性保全に関する地球規模の条約ともなっています。

登録区域

大沼国定公園の第1種特別地域(大沼・小沼・じゅんさい沼)

登録地となって

 ラムサール条約登録湿地となりましたが、新たな規制がかかることはありません。大沼は既に自然公園法により保全が図られていることから登録地となりました。今までどおりの生活を送ることができます。
 

保全すべきもの

 登録地域はもちろんですが、沼の環境を保全するには流域の保全が必要です。これからの地域利用も協議し、考えていかなくてはなりません。みなさんの生活の中で、改善できることから取り組み、ひとりひとりのその行動が自然を保全することに繋がります。
 

お問い合わせ先

民生部環境生活課自然環境係
電話:0138-67-5855 Mail:kankyouseikatsu@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-67-5856
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー