ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

七飯町史(明治21年~明治45年)

西暦年 年号 七 飯 の あ ゆ み (明治21年~明治45年)
1888 明治21年

茅部、山越、郡役所と亀田、上磯郡役所が合併して亀田外三郡役所となり、七飯村に開庁した。
七飯警察署が開設された。
駒ヶ岳小噴火
  22年 浄土真宗正覚寺七飯に創立。
  23年 七重農業場を七飯種馬場と改称し種馬を育成した。
  24年
電信取扱事務を開始、名称が七飯郵便電信局となった。
大中山巡査駐在所が設置された。
  25年 山田呉服店が開業した(専門店の始まり)。
  26年


大中山、藤城の火葬場が設置された。
峠下、軍川両村の連合漁業組合が組織された。
七飯村稲作試験場が創設された(郡役所の所管)。
七重小学校鶴野分校開設。
  28年 七飯消防組が創設された。
  29年 雨鱒川鉱山彩鉱を開始。
  30年

曹洞宗法雲寺(大中山)布教開始。
赤痢流行、小学校休校となった。
宇喜多秀夫、農場を創立し、大沼の開拓にとりかかった。
  32年

亀田支庁が函館支庁と改められ、七飯から函館に移転した。
全農業者を包括した農会が組織された。
峠下小学校蓴菜沼分教場が開設された。
  33年

雨鱒川鉱山事業拡張、山本鉱山と改称。
大沼第一紅葉館が建築された。
蓴菜沼分教場が独立小学校となった。
  34年 鶴野分校、独立小学校となった。
  35年


北海道2級町村制が施行され、村長が任命された。また村会議員の選挙が実施され、初めての収入役も任命された。
池田牧場(大沼)が創設された。
真宗大谷派、源雄寺(軍川)が説教所として認可された。
函館、本郷間鉄道開通、七飯駅開業。
  36年

七飯電信郵便局を七飯郵便局と改称した。
本郷、森間鉄道開通、軍川駅開業。
大沼遊覧ボート軍川丸、はじめて浮かぶ。
  37年
大沼名産、鮒の雀焼き発売。
大沼小学校開校。
  38年


大沼巡査駐在所設置。
駒ヶ岳小噴火
大沼公園が道立公園に指定。
徳富蘆花、大沼に来遊。
  39年


名物大沼だんご発売。
東伏見宮依仁親王大沼にご来遊。
軍川に日蓮宗 護国寺が創立。
大町桂月大沼来遊。
  40年
1級町村制施行。
義務教育が6カ年に延長された。
  41年


七飯警察署廃止(戸数減少)。
七飯巡査駐在所設置。  
大沼公園駅開業。
函館水電、銚子口第1発電所竣工。
  42年


大沼湖に初めて海老を移殖。
日蓮宗、本成寺(大沼)布教開始
徳富蘆花再度大沼来遊。
大沼共同墓地設定。
  44年 皇太子殿下(大正天皇)大沼公園行啓。
  45年 私立函館訓育院が小沼湖畔に創立(後の大沼学院)。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー