ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

両町の関連

人と人、心と心のふれあいでともに学習を。


  

日本で初めて七飯で栽培、
明治7年に米国マサチュー
セッツ産を移入

 

七飯町は男爵いもの発祥地で
あり、その原種(アイリッシュ
コブラー)がマサチューセッツ産を
移入



・明治11年、場長の湯地定基(ゆちさだもと)がマサチューセッツ州立大学出身
・明治初期の家畜舎の設計者ウイリアム・ホイラーがコンコード出身

 

お問い合わせ先

総務部政策推進課交流推進係
電話:0138-65-5792 Mail:seisaku@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー