ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

七飯の歌

七飯町町歌

作詞 川尻 英一
作曲 佐々木 茂

 
わかみどり 葉末におどり 開けゆく 渡島平野の 要なる 横津の山は
清き水 豊かに賜う わが住む町なり うるわし七飯 うるわし七飯

 
若人の うた声ひびく 大沼の 湖水にうつす 駒ケ岳 その姿もて 
人の世を 強くぞ生きん わが住む町なり さやけき七飯 さやけき七飯

 
たわわなる 稲穂ぞたれて 野も山も 色づきそめぬ 実りたる 紅きりんごに
先人の いそしみを知る わが住む町なり 伸びゆく七飯 伸びゆく七飯

 
百年(ももとせ)の ほこりに生きて 赤松は 雪をいただき しずかなり この街並木
一筋に 心つながん わが住む町なり たのしき七飯 たのしき七飯

七飯音頭

作詞 阿部 とみお
作曲 菅原  憲明



 
ハァー 七飯名どころ 春ならおいで   丘の桜が チョイト まねく
乙女よいよい 小鳥もよいよい 誰をナー 誰を待つやら はずむ唄 サテ
はずむ心は ほがらかに
アレサヨイヤサの ヨイヤ七飯  サァサ ヨイヤサの ヨイヤ七飯



 
ハァー 七飯名どころ 夏ならおいで  紅いイチゴが チョイト まねく
家族よいよい 二人もよいよい 袋ナー 袋かけよか 梨・リンゴ サテ
かける心はほがらかに
アレサヨイヤサの ヨイヤ七飯  サァサ ヨイヤサの ヨイヤ七飯



 
ハァー 七飯名どころ 秋ならおいで 山の紅葉が チョイト まねく
大沼よいよい 峠もよいよい 野にはナー 野には黄金の波そよぐ サテ
そよぐ心はほがらかに
アレサヨイヤサの ヨイヤ七飯  サァサ ヨイヤサの ヨイヤ七飯



 
ハァー 七飯名どころ 冬ならおいで 銀のスロープが チョイト まねく
横津よいよい 仁山もよいよい 恋のナー 恋のヒュッテに灯がともる サテ
ともる心は ほがらかに
アレサヨイヤサの ヨイヤ七飯  サァサ ヨイヤサの ヨイヤ七飯

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー