ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ななえの木

緑豊かな七飯町には、樹齢数百年に及ぶ巨木や全国的にも珍しいブナの人工植栽による高齢林などがございます。特に巨木は全国でも有数の大きさを誇っております。その大きさは見る人を圧倒し、その木の歴史の長さを訴えかけてきます。ぜひ一度お立ち寄りになり、ゆっくりとご覧ください。

ななえの大トチノキ

樹齢300年以上、幹周り8.6m、樹高約25mに及ぶ、北海道でもっとも太いトチノキです。根元には空洞がありますが、枝はしっかりと天に向けて張られています。



ななえの一本栗

七飯町大川にある一本栗地主神社境内にある栗の木です。推定で樹齢600年、樹高約15m、幹周り4.8mに及び、栗の木のなかでは北海道でもっとも太い木と言われています。昔より、生命のある木と言い伝えられ、この木を切ると血が流れ出るという話が信じられてきました。


ななえの大イチョウ

明治31年に焼失した三嶋神社の旧社殿があった土地に生きているイチョウの木です。推定で樹齢400年を誇り、幹周り6.3m、樹高約30mと、こちらも北海道でもっとも太いイチョウの木と言われています。

ガルトネルブナ林

このブナ林は、明治初期、函館のドイツ領事ツエ・ガルトネルの弟のアル・ガルトネルが七飯で洋式農業を始めたころ、住居付近に植栽したものであると言われています。樹齢は約130年で、面積は0.38ha、全国的にも珍しい人工植栽によるブナの高齢林となっています。








お問い合わせ先

経済部商工観光課観光係
電話:0138-65-2517 shoukoukankou@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー