ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

小児救急医療を守るために―ご協力をお願いします―

 夜間・休日の救急医療は、突然発症した場合や急を要する場合など、救急患者を診るための医療です。
 しかし、急を要しない軽症の場合でも、休日や夜間に受診するケースが多く、小児科医の負担が大きくなっています。このままだと、本当に重症のお子さんが受診できないということがおこりかねません。
 小児救急医療を守るためにも、できるだけ通常の診療時間内に受診する、かかりつけ医を持つ、など皆様のご協力とご理解をお願いします。

「目でみる救急箱」 「目で見る救急箱」.pdf
 子どもによくある症状の応急処置のポイントや、時間外でもすぐ受診した方がよい場合のポイントなどをまとめてありますので、ご活用ください。

「子ども救急カード」 「子どもの救急カード」.pdf
 小児救急の情報を掲載しています。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー