ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

北海道最低賃金 改定のお知らせ

 平成29年10月1日より、北海道内で事業を営む使用者及びその事業場で働くすべての労働者(臨時、パートタイマー、アルバイト等を含む。)に適用される北海道最低賃金が次のとおり改定されます。
 
 北海道最低賃金  時間額 810 円

 ※ 効力発生年月日  平成29年10月1日
 ※ 効力発生日の前日までは786円となります
(参考)北海道最低賃金リーフレット

 〇 最低賃金には、精皆勤手当、通勤手当、家族手当、臨時に支払われる賃金及び時間外等割増賃金は算入されません。
 〇 最低賃金以上の賃金を支払わない場合は、最低賃金法違反として処罰されることがあります。
 〇 特定の産業(「処理牛乳・乳飲料、乳製品、糖類製造業」、「鉄鋼業」、「電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械器具製造業」、「船舶製造・修理業、船体ブロック製造業」)で働く者には北海道の特定(産業別)最低賃金が適用されます。

【最低賃金制度とは】
 最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとする制度です。
 仮に最低賃金額より低い賃金を労働者、使用者双方の合意の上で定めても、それは法律によって無効とされ、最低賃金額と同額の定めをしたものとされます。
 したがって、最低賃金未満の賃金しか支払わなかった場合には、最低賃金額との差額を支払わなくてはなりません。また、地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、最低賃金法に罰則(50万円以下の罰金)が定められ、特定(産業別)最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、労働基準法に罰則(30万円以下の罰金)が定められています。

 詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。 厚生労働省ホームページはこちら

【問い合わせ先】
 厚生労働省北海道労働局 労働基準部 賃金室 ☎011-709-2311(内線 3533)
 函館労働基準監督署 ☎0138-23-1276
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー