ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

平成30年出初式 【梯子乗り披露】

2017年12月7日

 梯子乗りの起源は古く江戸時代後期、町火消し誕生により火災が起きた際、風向きや方角、建物の配置状況を梯子に登り確認していました。
 しかし梯子を登るには技術が必要で、江戸時代の火消しは普段から梯子乗りの技術を鍛え、曲芸のような技をすることで度胸を付け、出初式に披露する風習が生まれたと伝われています。
 七飯消防団では梯子乗り会を発足し、昨年より町民の安心安全を祈願する出初式において梯子乗りを披露しております。
 梯子乗りは約6mの高さで日々技術、度胸を鍛え、出初式で消防の心意気を町民の皆様に伝えることができるように努力してきましたので、皆様お誘い合わせのうえご来場ください。
 

日 時

 平成30年1月7日(日)午前10時~

場 所

 七飯町役場駐車場


                          


 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー