ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

北海道駒ヶ岳火山避難計画の策定について

2019年8月31日

北海道駒ヶ岳火山避難計画を策定しました。

 

計画の目的

 この計画は、駒ヶ岳が噴火し、又は噴火する恐れがある場合において、住民等、登山者等の生命、身体及び財産を保護するため、北海道及び森町、鹿部町、七飯町(以下「設置町」という。)で設置する北海道駒ヶ岳火山防災協議会(以下「協議会」という。)が作成する計画であり、協議会構成機関との連携・協力のもと、具体的で実践的な避難対策を目指し、噴火災害による人的被害の防止・軽減を図ることを目的としております。

 

計画の位置付け

 本計画は、災害対策基本法第17条第1項及び活動火山対策特別措置法第6条に基づき、設置町が関係機関と連携して行うべき防災対策について、駒ヶ岳火山防災会議協議会が策定した計画である「駒ヶ岳火山噴火市町相互間地域防災計画」を平成28年3月22日に設置された協議会の北海道駒ヶ岳火山避難計画として位置付け、北海道及び設置町が関係機関と連携して、火山災害対策を遂行するものです。

 なお、設置町の個別対応については、それぞれの「地域防災計画」に基づくものとしております。
 

北海道駒ヶ岳火山避難計画(13MB)

資料編(601KB)

巻末資料編(8.7MB)

お問い合わせ先

情報防災課防災車両係
電話:0138-65-5797
FAX:0138-66-2054
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー