ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

「ながら運転」が厳罰化されます

 新聞等の報道で皆様ご承知のとおり、スマートフォン等を使用しながら車を走行させる、いわゆる「ながら運転」が、令和元年12月1日から厳罰化されます。
 違反点数と反則金が約3倍に引き上げられ、懲役刑なども重くなります。
 「ながら運転」は道路交通法上、「携帯電話使用等」となり、例えば次のとおりとなります。

 ①携帯電話などを手に持って通話した。
 ②携帯電話などを手に持って画面を注視した。
 ③カーナビやカーテレビなどの画面を注視した。(事故などの場合に限る。)
 (注意1)①の「携帯電話など」は、手に持たなければ送信・受信が出来ない無線通話装置が
      該当し、トランシーバーなどを含みます。
 (注意2)②の「携帯電話など」には、タブレット端末や携帯型ゲーム機などを含みます。
 (注意3)③の「カーナビやカーテレビなど」には、車載装置に限らず、車内に固定した携帯電話
      などの画像表示装置を含みます。
      カーナビなどの画面の注視は禁止行為ですが、罰則等の適用は、
      「交通の危険(交通事故など)」を生じさせた場合に限ります。

 携帯電話使用等 
改正前 改正後
保持 違反点数1点
5万円以下の罰金
違反点数3点
6カ月以下の懲役または
10万円以下の罰金
交通の危険 違反点数2点
3カ月以下の懲役または
5万円以下の罰金
違反点数6点
1年以下の懲役または
30万円以下の罰金
  
 反則金
車種 改正前 改正後
保持 大型車 7,000円 25,000円
普通車 6,000円 18,000円
二輪車 6,000円 15,000円
原付 5,000円 12,000円

*「保持」については新たに懲役刑を加え、違反を繰り返すと「6カ月以下の懲役または10万円
 以下の罰金」の罰則が適用される可能性があります。
*「交通の危険」は軽微な違反であれば反則金の納付で刑事責任を免れる交通反則通告制度の適用
 から除外。直ちに刑事手続きの対象となります。

お問い合わせ先

民生部住民課交通防犯係
電話:0138-65-2512 Mail:juminka@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-65-9280
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー