ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

携帯電話・PHSによる災害用伝言板について

2019年11月11日

災害用伝言板について

災害発生時は通話が集中するため、繋がりにくい状況になってしまいます。安否確認などを行うには携帯電話会社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)が提供している、大規模災害時にご自身の安否を身近な方に伝える災害用伝言板サービスをご利用ください。

何ができるの??

災害用伝言板は震度6弱以上の地震など、大きな災害が発生した場合、被災地域にお住まい、またはご滞在中の方が、携帯電話やスマートフォンからご自身の状況を登録していただくことができ、登録された安否情報はインターネットを通じて、全世界から確認していただける災害時専用のサービスです。
あらかじめ指定したご家族や友人に対して、災害用伝言板に登録したことをメールでお知らせする事も可能ですので、有事に備えた準備をお願いします。

災害用伝言ダイヤル(171)

災害用伝言ダイヤルは、災害発生後よりNTT東日本がシステムを稼働し、音声による安否確認や集合場所の連絡などに利用することができます。
利用方法(外部サイト)

災害用伝言板(web171)

パソコンやスマートフォン等から固定電話番号や携帯電話などの番号を入力して安否情報の登録、確認を行うことができます。
利用方法(外部サイト)

災害用伝言板

携帯電話・PHSのインターネット接続機能で、被災地の方が伝言を文字によって登録し、全国から携帯電話・PHS番号をもとに伝言を確認できます。
利用方法
NTTドコモ
au(KDDI)
ソフトバンク
ワイモバイル

お問い合わせ先

一般社団法人電気通信事業者協会
https://www.tca.or.jp/
03-3502-0991
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー