ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

野焼き・ごみの焼却について

廃棄物の焼却については、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」において、例外を除き禁止されているので行わないでください。

1 野焼き・ごみの焼却

地面で直接行う焼却だけでなく、素掘りの穴での焼却やドラム缶やブロック囲いでの焼却のほか、法定の構造基準を満たしていない焼却炉での焼却も禁止の対象となります。
例外として、農業を営むためのやむを得ない焼却などがありますが、周辺の生活環境に影響がある場合は、例外に含まれません

2 罰則

禁止に違反してごみの焼却をした者には、「5年以下の懲役若しくは1千万円(法人の場合は、3億円)以下の罰金、又はこの併科」という重い罰則が科せられています。

3 ごみの焼却禁止の例外

一定の場合に限って、例外的にごみの焼却が認められています。
ただし、例外に該当する場合であっても、周囲の生活環境に与える影響等状況に応じて、行政指導や行政処分の対象となる場合がありますので、ご注意ください。

 

例外事項

※例外については以下の内容が該当しますが、周辺の生活環境に影響が出る場合は例外に該当しません
)
  • 日常()生活()()営む()()()通常()行わ()れる()焼却()()あっ()()軽微()()もの()

    ())・たき火・キャンプファイヤー

  • 地域()()慣習()による()催し()または()宗教()()()儀式()行事()()ため()()必要()()焼却()

  (()どんと()焼き()()行う()()()門松()または()しめ縄()()使用()()れる()木材()()焼却()

  • 農業を営む際のやむを得ないものとして行われる焼却
  (例)害虫駆除や肥料化を目的とした焼却

※何かご不明な点等ございましたら、ご連絡ください。

 

お問い合わせ先

民生部環境生活課廃棄物対策係
電話:0138-65-2516 Mail:kankyouseikatsu@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-65-9280
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー