ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

北海道の休業要請等に協力する事業者への支援金について

大切なお知らせ

 令和2年5月4日、政府において、5月6日で期限を迎える緊急事態宣言の5月31日までの延長が決定しました。
  これを受け、北海道においても、「新型コロナウイルス感染症」感染拡大防止のための「緊急事態措置」を5月31日まで延長するとともに、休業等の要請期間を、当面5月15日まで延長することとなりました。
 つきましては、事前にお知らせしたとおり、七飯町の本支援金の対象期間も5月15日まで延長することとなります。事業者様は、休業要請の期間延長に伴い、引き続き、休業、営業時間の短縮等のご協力をいただきますようお願いいたします。

七飯町独自の支援金の申請受付を5月11日(月)より開始します。申請書類は「4.申請方法」をご確認ください。

1.趣旨・目的

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、北海道の休業要請等に協力する事業者の方(営業の自粛や営業時間の短縮等に取り組む町内で飲食店を営む事業者の方も含む。)に対し、一律30万円の給付となるよう道の制度への上乗せや町独自の支援金給付を行います。

2.給付対象

 ①町から10万円給付(道給付20万円に上乗せ)
 北海道知事が休止を要請する施設を営む個人事業主
 北海道知事が特措法によらない協力依頼を行う施設を営む個人事業主
 ②町から20万円給付(道給付10万円に上乗せ)
 酒類の提供がある飲食店で、19 時以降の酒類の提供を取り止めた事業者
 ③町から30万円給付(町独自給付)
 酒類の提供がない飲食店で、営業の休止、営業時間の短縮など感染症防止策を実施した事業者
 (19時以降営業していない酒類の提供がある飲食店を含む。)
※①、②は、北海道の支援金給付を受けていることが条件です。
給付イメージはこちら

3.酒類の提供がない飲食店への支援金について

 七飯町では、北海道の休業要請等によらない「酒類を提供しない飲食店(19時以降営業していない酒類の提供がある飲食店を含む。) 」においても、休業や営業時間の短縮など感染防止対策の協力を行っていただく事業者を対象に七飯町独自の支援金を給付いたします。

給付対象

 酒類を提供しない飲食店(19時以降営業していない酒類の提供がある飲食店を含む。) について、5月2日(土)から5月15日(金)までの全ての期間において、以下の「感染防止対策」に取り組んだ場合、給付対象となります。

感染防止対策

 以下の(1)及び(2)の取組を行う事業者

(1)休業・営業時間の短縮等(いずれか一つ)
 ①休業(テイクアウト・デリバリーのみによる営業継続は可)
 ②夜間営業の自粛(20時から5時までの営業の自粛)
 ③営業時間の短縮(2時間以上の短縮)

(2)施設運営の中での感染防止の取組(いずれか一つ)
 ①3つの密(密閉・密集・密接)の防止
  換気や行列間隔の工夫、店舗の座席レイアウトなど
 ②飛沫感染・接触感染の防止
  従業員のマスク着用など
 ③移動時の感染の抑止
  時差出勤や在宅勤務など
※(2)の①から③の取組は、要請期間終了後も継続するようお願いいたします。

4.申請方法

 申請方法は、こちらをご確認ください。
  七飯町休業要請等協力支援金募集要項
 

 申請様式及び記載例

  七飯町休業要請等協力支援金申請書(様式1)
  【個人記載例】七飯町休業要請等協力支援金申請書
  【法人記載例】七飯町休業要請等協力支援金申請書
  誓約書(様式2)
  【記載例】誓約書
 

5.備考

 北海道の緊急事態措置以前に開業しており、営業の実態がある事業者が対象となります。なお、北海道による休業要請等の対象となる施設については、北海道総合政策部のホームページに掲載されています。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/kyuugixyouyousei.htm

そのほかの新型コロナウイルス感染症に関する中小企業支援については、こちらへ掲載しております。
http://www.town.nanae.hokkaido.jp/hotnews/detail/00007789.html
 

お問い合わせ先

経済部商工観光課
電話:0138-65-2517 MAIL:shoukoukankou@town.nanae.hokkaido.jp
FAX:0138-66-2054

行政情報トピックス

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー