ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

緊急事態宣言解除にあたって

2020年5月26日

七飯町長 中宮 安一

 政府対策本部は、北海道に発出していました新型コロナウイルス感染症に係る「緊急事態宣言」を昨日(5月25日)解除しました。4月16日に北海道を含む全国への緊急事態宣言が発出されてから解除までの期間、社会経済のあらゆる面に影響を及ぼす要請が出されておりましたが、この間の新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた町民の皆さまの多大なるご理解とご協力に心から感謝を申し上げます。

 町内では、2月19日以降、新たな感染者は確認されていませんが、今後も予断を許さない状況が続くと見込まれます。感染拡大防止を最優先としつつ、徐々に社会経済活動との両立を図りながら、日常生活の再起をはかって行きたいと考えています。

 「緊急事態宣言」は解除されましたが、私たちの生活から新型コロナウイルス感染症の脅威が完全に消え去ったわけではなく、今後も長期化することを見据える必要性があります。この脅威に立ち向かうためには、手洗い、うがい、外出時のマスクの着用、ソーシャル・ディスタンスの確保、会話する際は可能な限り対面を避けるなどの「新しい生活様式」を日常生活に定着させていただきたいと考えております。

 七飯町では、北海道が示す「新北海道スタイル」を基本とした感染対策を徹底するなかで、公共施設を5月16日以降順次再開をいたしました。感染拡大防止を図りながら新型コロナウイルス感染症の影響で変化した日常生活を戻しつつ、また、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた皆さまを支援することに、さらに尽力をしてまいりますので、今後とも町民の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 繰り返しになりますが、新型コロナウイルス感染症は終息したわけではありません。引き続き、町民の皆様一人ひとりの新型コロナウイルスに“うつらない、うつさない”を徹底する取組が必要不可欠です。町民一丸となって、一日でも早く日常生活を取り戻せるよう、ともに頑張りましょう!!
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー