ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

令和2年6月30日施行「妨害運転(あおり運転)」厳罰化

 これまでの道路交通法には「あおり運転」を取り締まる規定がなく、「車間距離保持義務違反」や「安全運転義務違反」、刑法の「暴行罪」、「危険運転致死傷罪」などが適用されていました。
 しかし、6月2日に可決・成立した改正道路交通法では、あおり運転を「妨害運転罪」として明確に規定し、10項目があおり運転の定義とされています。(内容はこちら チラシA面 ・ B面
 通行を妨害する目的でこうした行為を繰り返すなど、交通の危険を生じさせる恐れがある場合、あおり運転として取り締まられ、違反すると3年以下の懲役または50万円以下の罰金になります。
 さらに、高速道路や一般道で停車させたり、衝突事故を発生させるなど、著しい危険を生じさせた場合には、酒酔い運転と同じ5年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。
 また、行政処分では、これらに違反すると、事故を起こしていなくても1回で即免許取り消しとなり、違反点数は25点、欠格期間2年。著しい危険があった場合は35点、欠格期間3年となります。

 

同じく6月30日から施行される「あおり運転」の処罰対象を自転車まで拡大

 他の車両を妨害する目的で執拗にベルを鳴らすなど、自転車のあおり運転を「危険行為」と規定し、3年以内に2回違反した14歳以上に安全講習が義務化されます。
 自転車はこれまで14項目(内容はこちら)が危険行為と指定されており、上記と同じく安全講習が義務とされ、受講しないと5万円以下の罰金と定められています。
 改正法では、従来の14項目にあおり運転に当たる「妨害運転」を15項目として追加規定されます。
 具体的には、「通行区分違反(対向車線からの接近)」、「急ブレーキ禁止違反」、「車間距離不保持(後方からの威嚇等)」、「進路変更禁止違反」、「追い越し違反(割り込み等)」、「減光等義務違反(パッシング等)」、「警音器使用制限違反(執拗にベルを鳴らす)」、「安全運転義務違反(危険な幅寄せ等)」などがあります。
 これらは、自転車が自転車や歩行者に対して行うものだけでなく、自転車が自動車に対して行うものも含まれます。
 詳しくは、最寄りの警察署へお問い合わせ下さい。
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー