ここから本文です。

七飯町立七重小学校

学校の概要

<校長名>住吉 聡
<職員数>45名(校長含む)
<児童数>(令和2年(2020年)4月1日現在)
学年別児童数一覧表
1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
89人 72人 86人 83人 98人 87人 515人

学校の沿革

明治10年(1877年) 9月15日 開校式 七重学校として創立
明治25年(1892年) 4月1日 公立七重尋常小学校と改称
明治27年(1894年) 4月1日 七重尋常高等小学校と改称
昭和22年(1947年) 4月1日 七重小学校と改称

教育のめあて・方針

<教育目標>

  • かんがえる子
  • おもいやる子
  • げんきな子

<経営方針>

(1)教育計画について
  • 全教育活動を通して、基礎的基本的な内容の指導の徹底を図る。
  • 自らたくましく生きる力の育成を図る。
(2)児童について
  • 思考力を培い表現力を高め、生き生きとした個性の伸長に努める。
(3)学級経営について
  • 児童一人一人の個性の理解に努め、特長を引き出して、児童が自己存在感や有用間を実感できるあたたかい学級経営に努める。
(4)教職員について
  • 専門職としての使命感に燃え、望ましい人間関係と個人の資質向上に努め、創造性豊かな実践に取り組むよう努める。
(5)教育環境について
  • 教育活動を円滑に、効率的に推進できるように、校舎内外の整備に努める。
(6)保護者地域との連携について
  • 開かれた学校を目指し、七飯町の地域に根ざした教育の充実のため、より一層、保護者・地域・関係団体との密接な連携や協力を図る。

地域の特徴

 函館市に隣接する農村地域として発展してきた。住宅は傾斜地にあり、樹木も比較的多い。近年は道路の整備や車社会により宅地造成も進み、函館市からの移住者による都市化現象がみられる。保護者の教育にたいする関心は高く、地域子ども会活動、PTA活動にも主体的な取り組みがみられ、授業参観や各種学校行事等にも積極的な姿勢がみられる。

特徴的取り組み

  • 思いやりの心を育てるために、異学年集団による活動を重視している
    (集団登校、縦割り班による集会活動等)
  • 「総合的な学習の時間」を利用し、地域の教材化や人材を活用した体験的学習の充実を図っている。
  • チームティーチングを活用し、個に応じた学習活動の充実に努めている。
041-1111 亀田郡七飯町本町6丁目2番11号
電話:0138-65-2029 FAX:0138-65-1343
E-mail:es-nanae@nanae-school.ed.jp

お問い合わせ

教育委員会学校教育課

電話:0138-66-2067

FAX:0138-66-2070

Eメール:gakkyou@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る