ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

七飯町 北海道新幹線のページ

 日本新三景 大沼国定公園と北海道新幹線総合車両基地のまち「北海道七飯町」のタイトルと、北海道新幹線の総合車両基地「北海道新幹線総合車両所」の写真。

トピックス

平成31年(2019年)3月16日ダイヤ改正について

 JR北海道は、平成31年(2019年)3月16日からダイヤ改正を行いました。

ダイヤ改正の主な実施内容

1. 北海道新幹線の青函トンネル内の運転速度を時速160キロメートルに引き上げ、東京~新函館北斗間を最速3時間58分、新函館北斗~新青森間を最速57分で結びます。

最速達列車(下り)

下り 東京発 新青森着 新青森発 新函館北斗着 所要時間
東京~
新函館北斗
所要時間
新青森~
新函館北斗
はやぶさ5号 8時20分 11時19分 12時18分 12時18分 3時間58分
(4分短縮)
57分
(4分短縮)
はやぶさ11号 9時36分 12時35分 13時34分 13時34分 3時間58分
(4分短縮)
57分
(4分短縮)

最速達列車(上り)

上り 新函館北斗発 新青森着 新青森発 東京着 所要時間
東京
~新函館北斗
所要時間
新青森
~新函館北斗
はやぶさ38号 17時25分 18時22分 18時24分 21時23分 3時間58分
(4分短縮)
57分
(4分短縮)
 
2. 北海道新幹線に合わせて「はこだてライナー」の時刻を見直し、本州~函館間の所要時間を短縮します。

上下平均所要時間

函館~東京 函館~仙台 函館~盛岡 函館~青森
4時間49分
(4分短縮)
3時間18分
(5分短縮)
2時間32分
(5分短縮)
1時間59分
(5分短縮)
※( )内は改正前との比較時間

(参考)JR北海道発表 平成30年(2018年)12月14日「2019年3月ダイヤ改正について

北海道新幹線について

 平成28年(2016年)3月26日、北海道新幹線 新青森・新函館北斗間が開業しました。
開業時、東京~新函館北斗間が最速4時間2分、大宮~新函館北斗間が最速3時間38分、仙台~新函館北斗間が最速2時間30分で結ばれました。
 平成31年(2019年)3月16日、青函トンネル内の運転速度を時速160キロメートルに引き上げ、開業時から4分短縮し、東京~新函館北斗間が最速3時間58分、大宮~新函館北斗間が最速3時間34分、仙台~新函館北斗間が最速2時間26分で結ばれました。

北海道新幹線の総合車両基地「函館新幹線総合車両所」について

 七飯町には北海道新幹線の総合車両基地「函館新幹線総合車両所」が設置されました。
 新幹線の総合車両基地は北海道で唯一、全国でも5ヶ所目となります。

「七飯町H5系ミニ新幹線はやぶさ」の運行

 北海道新幹線総合車両基地のまち七飯町では、子どもが乗れるような、「七飯町H5系ミニ新幹線はやぶさ」を導入しました。七飯町や道南地域のイベントで運行しています。

北海道の広報番組「情報カフェ赤れんが」において、「七飯町H5系ミニ新幹線はやぶさ」も番組に登場しました。北海道庁インターネット放送局「Hokkai・Do・画」(Youtube)で動画が配信されています。

北海道新幹線新函館北斗駅から七飯町へのアクセスについて(北海道新幹線2次交通)

 北海道新幹線の開業に伴い、新函館北斗駅のすぐ隣に位置する七飯町を取り巻く交通機関の状況は大きく変わりました。
 新函館北斗駅から七飯駅まで「はこだてライナー(普通)」で約5分、大沼公園駅まで「特急スーパー北斗・北斗」で約10分です。
新函館北斗~七飯~函館をつなぐ新幹線のアクセス電車「はこだてライナー」について

北海道新幹線に関する七飯町の取組

 北海道新幹線に関する七飯町の取組を紹介しています。

関係リンク

北海道新幹線

七飯町・大沼公園観光情報

七飯町

お問い合わせ先

総務部政策推進課
電話:0138-65-5792
FAX:0138-66-2054

北海道新幹線

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー