ここから本文です。

議長あいさつ

ようこそ 七飯町議会のページへ

木下議長の顔写真 七飯町は、北海道の玄関口函館市の北側に隣接し、ラムサール条約登録湿地に認定されている風光明媚な「大沼国定公園」を擁する人口約2万8千人の町であります。

 当町は、横津岳からなる横津連山の恵みを受けて飲用水は湧水によりまかなわれ、温暖な気候と肥沃な土地柄から西洋農業発祥の地として、多様な農業(水稲、野菜、花き、果樹、酪農、畜産)と大沼国定公園等を活用した観光業が基幹産業となっております。

 平成28年(2016年)3月26日に北海道新幹線が開業し、今後、令和12年度末(2030年度末)の札幌開業が予定されていることを踏まえ、函館新幹線総合車両所を抱える七飯町の未来に大きな変化をもたらすことが予想されます。

 七飯町議会では、昨年の2月より世界各国で猛威を振るい続けている新型コロナウイルス感染症の様々な感染対策を実施してきている状況です。コロナ禍により、基幹産業の一つである観光業と関連産業が非常に厳しい状況が続いております。新型コロナウイルスワクチン接種の効果に期待しつつも、ウィズコロナの早急な社会経済の回復に向けて、町民の皆様の声を町政に反映させ、議決機関である議会と執行機関が一丸となって、豊かで住みよいまちとなるよう努めて参ります。

 このホームページは、議会の役割や仕組み、議会活動などを多くの方々に理解していただき、ご覧いただいた皆さまとともに身近なものにしていきたいと考えております。

 今後とも必要な情報を逐次更新し、その充実に努めてまいりますので、どうぞご覧になってください。

 令和3年(2021年)4月
七飯町議会議長 木下 敏 

お問い合わせ

七飯町議会

電話:0138-65-5947

FAX:0138-65-2610

Eメール:gikai@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る