ここから本文です。

後期高齢者医療制度について

 老人医療費を中心に国民医療費が増大するなか、国民皆保険を維持し、医療保険制度を将来にわたり持続可能なものとしていくため、高齢社会に対応した仕組みが必要となりました。
そこで、高齢者世代と現役世代の負担を明確化し、公平でわかりやすい独立した医療制度として、後期高齢者医療制度が創設され、平成20年(2008年)4月から運営が始まりました。

対象になる方

次の方が対象(被保険者)となります。
  1. 75歳以上の方
  2. 65歳以上75歳未満の方のうち、一定の障がいのある方(認定基準については、現行の老人保健制度と同様)
※これまで、国民健康保険や被用者保険などの医療保険に加入しながら、老人保健制度で医療を受けていた方は、平成20年4月からはそれらの保険を脱退し、後期高齢者医療制度に加入しています。
詳しい内容につきましては北海道後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

お問い合わせ

民生部住民課医療児童助成係

電話:0138-65-2513

FAX:0138-65-9280

Eメール:314-iryou-j@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る