ここから本文です。

大沼下水浄化センター

大沼下水浄化センターは、大沼特定環境保全公共下水道の一環として、昭和51年(1976年)2月に事業認可を受け、昭和54年(1979年)7月より建設に着手し、平成元年(1989年)4月1日から1系列(処理能力2,200m3/日)の運転を開始しました。
水処理方式は、安定した処理効果が得られる標準活性汚泥法とし、汚泥処理は濃縮・脱水後建設資材として焼却処分します。
大沼下水浄化センター外観写真
大沼下水浄化センター詳細
名称 大沼下水浄化センター
所在地 北海道亀田郡七飯町字大沼町826番地2
敷地面積 28,169m2
下水排除方式 分流式
処理方式 水処理・標準活性汚泥法
汚泥処理・濃縮→脱水→焼却処分
処理人口 事業計画 22,170人(定住 1,360人 観光 20,810人)
全体計画 22,150人(定住 1,340人 観光 20,810人)
処理能力 1系列 2,200m3/日

配置図

大沼下水浄化センターの各配置図

下水処理工程

下水処理工程の上部の図

図の上段(青の工程)

沈砂池

ゴミは自動除じん機で土砂は沈砂かき掃機で取り除きます。

最初沈殿池

下水中の浮遊物を沈殿させ、上澄水をエアレーションタンクに送ります。

最終沈殿池

沈殿しやすくなった汚泥をゆっくりと沈殿させ上澄水は滅菌池へ、沈殿した汚泥は返送汚泥としてエアレーションタンクへ、余剰汚泥は濃縮槽へ送られます。

調整池

処理された水を、一時的に貯留し放流量を調整します。

滅菌池

消毒し放流します。

図の下段(赤の工程)

濃縮槽

初沈、終沈で沈殿した汚泥をこの槽で濃い汚泥にし、脱水し易くします。

貯留槽

濃縮槽から汚泥を引き抜き、脱水機へ一定量供給するために貯留します。

汚泥脱水機

薬品を加えた汚泥の水分を取り除き、ケーキ状の汚泥にします。

汚泥コンポスト

脱水された汚泥を、発酵させたい肥化します。

施設内容

施設名 内容
管理本館 1F:事務室、水質試験室、会議室、作業員控室、宿直室、脱水機室、ホッパー室、機器搬出入室、ボイラー室
2F:操作室、電気室、換気機械室、脱水機室、ホッパー室
B1F:沈砂池機械室、主ポンプ室、ブロワー室、自家発電機室、換気機械室、水槽室、汚泥貯留タンク室
沈砂池、ポンプ室 沈砂池1池 巾0.8m×長9.0m×深0.6m
粗目、細目スクリーン及び除塵機
沈砂掻揚機、沈砂洗浄機、
スキップホイスト
汚水ポンプ、水中汚水汚物ポンプ
Φ150mm×2台
3.0m3/分×16m×15KW
最初沈殿池 1池 径9.0m×深2.5m
中心駆動式汚泥掻寄機
沈殿時間 2.0時間
エアレーションタンク 1池 巾5.5m×長24.0m×深5.5m
エアレーション時間 8.0時間
ブロワー、ルーツブロワー Φ150mm×2台
16m3/分×6000mmAq×30KW
最終沈殿池 1池 巾5.5m×長18.0m×深2.5m
チェーンフライト式汚泥掻寄機
沈殿時間 2.5時間
滅菌池 放流管 Φ800mm(1L≒1700m)を利用
接触時間 35分
処理水調整池 3池
汚泥濃縮タンク 1槽 径4.5m×深3.0m
中心駆動式汚泥掻寄機
濃縮時間 12.0時間
汚泥脱水機 1台 ベストプレス型脱水機
ろふ巾 1.5m
受変電設備 受電電圧 6600V
動力 200V 200KVA
照明 210-105V 150KVA
自家発設備 出力 300 KVA
電圧 6600 KVA

お問い合わせ

経済部上下水道課下水道係

電話:0138-65-5796

FAX:0138-66-2054

Eメール:253-gesui@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る