ここから本文です。

大沼函館雪と氷の祭典(2月開催)

大沼函館雪と氷の祭典は、昭和39年(1964年)に「函館・七飯(大沼)・松前・江差」が国際観光ルートとして指定されたことを記念に、昭和40年(1965年)より開始された道南の冬の一大イベントです。例年、子供たちに大人気のジャンボ滑り台が用意されるほか、力作揃いの雪像群や氷の芸術であるアイスカービング(氷像)などの作品展示が行われます。フリーマーケットや地元特産品の展示販売なども訪れる方を楽しませます。

祭典期間中は、多彩なイベントが繰り広げられ、露店なども出店します。また、イベントだけではなく、冬の大沼は白銀の駒ヶ岳と凍るような青空の対比が美しい景色を織りなしております。関係者一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

まつりの様子

氷のジャンボ滑り台から滑る子どもたちの写真
大沼公園駅の雪像と観光客の写真
ライトアップされた夜の雪と氷の祭典の様子
ライトアップされた千の風の氷像の写真
ライトアップされた氷像の写真
雪と氷の祭典の屋台ブースの写真

お問い合わせ

経済部商工観光課観光係

電話:0138-65-2517

FAX:0138-66-2054

Eメール:212-kankou@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る