ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

北海道新幹線の総合車両基地「函館新幹線総合車両所」について

城岱スカイラインから見た函館新幹線総合車両所の写真

城岱スカイラインから見た函館新幹線総合車両所(七飯町)

 北海道新幹線が運行するには、車両の整備・検査等を行うための施設も必要になります。そのため、北海道七飯町(ななえちょう)飯田町に、検修設備、工場機能を有する総合車両基地「函館新幹線総合車両所」が建設されました。

 函館新幹線総合車両所は、「新函館北斗駅から木古内方面にのびる北海道新幹線の高架橋」と、「函館方面にのびる函館本線」に挟まれた場所に位置し、約35ヘクタールという広大な面積をもっています。

 総合車両基地とは、仕業検査、交番検査、台車検査、全般検査等の検査を行う、検修設備及び工場機能を有する総合的な施設です。新幹線の総合車両基地は全国でこれまでに4つしかなく、七飯町にできた車両基地が全国で5つ目になります。また、北海道新幹線の札幌開業後も、北海道新幹線における唯一の総合車両基地となります。

 総合車両基地内には、JR北海道の組織として、新幹線の車両検修業務等を行う「函館新幹線総合車両所」、運転業務や車掌業務を行う「函館新幹線運輸所」、工務関係設備を管理する「函館新幹線準備工務所」、電気関係設備を管理する「函館新幹線準備電気所」が設置されています。
また、グループ会社の北海道ジェイ・アール運輸サポート(株)、北海道クリーン・システム(株)などを合わせ、約400名の職員が勤務されています。

 着発収容庫、仕業交番検査庫、変電所などの一部施設は、平成26年(2014年)10月の函館新幹線準備運輸所の開設時に使用開始され、平成28年(2016年)3月26日に北海道新幹線(新青森・新函館北斗間)の開業を迎えました。
 函館新幹線総合車両所にはJR北海道が所有する「H5系車両」が4編成所属しています。
 

函館新幹線総合車両所(函館総合車両基地)/各施設の役割

函館新幹線総合車両所の各施設の役割が書いてある画像

着発収容庫

着発収容庫に並ぶH5系車両の写真 
着発収容庫に並ぶH5系車両(提供:JR北海道)
着発収容庫内部の写真 
着発収容庫内部
着発収容庫内のH5系新幹線の写真 
着発収容庫内のH5系新幹線
 

仕業交番検査庫

仕業交番検査庫外観の写真 
仕業交番検査庫外観(提供:JR北海道)
仕業交番検査庫の内部の写真 仕業交番検査庫の内部の写真
仕業交番検査庫の内部の写真 仕業交番検査庫の内部の写真
仕業交番検査庫の内部の写真 
仕業交番検査庫 内部(提供:JR北海道)
 

全般検査庫・台車検修場

全般検査庫・台車検修場の外観写真 
全般検査庫・台車検修場 外観(提供:JR北海道)

車両洗浄装置

車両洗浄装置の写真 
車両洗浄装置(提供:JR北海道)
 

新幹線車内から見た函館新幹線総合車両所

新函館北斗駅を出発すると、約2分ほどで、向かって左側に函館新幹線総合車両所と七飯町の街並みを眺めることができます。
函館新幹線総合車両所の前を新幹線が走る様子の写真
函館新幹線総合車両所の前を新幹線が走る様子の写真
全般検査庫・台車検修場の写真
全般検査庫・台車検修場
仕業交番検査庫の写真
仕業交番検査庫
着発収容庫の写真
着発収容庫

函館新幹線総合車両所へのアクセス

函館バス(30系統)「函館新幹線総合車両所」バス停からすぐ。

函館新幹線総合車両所周辺地図

函館総合車両基地/函館新幹線総合車両所のあらまし

  • 平成17年(2005年)4月27日 北海道新幹線「新青森・新函館(仮称)間」工事実施計画(その1)認可
  • 平成17年5月22日 北海道新幹線「新青森・新函館(仮称)間」建設工事起工式
  • 平成20年(2008年)2月22日 函館総合車両基地路盤整備工事開始
  • 平成24年(2012年)3月15日 函館総合車両基地路盤整備工事完了
  • 平成24年6月29日 北海道新幹線「新函館(仮称)・札幌間」工事実施計画(その1)認可
  • 平成24年8月25日 北海道新幹線「新函館(仮称)・札幌間」建設工事起工式
  • 平成26年(2014年)10月1日 函館総合車両基地内に、JR北海道「新幹線準備運輸車両所」、北海道ジェイ・アール運輸サポート(株)新幹線事業所を設置。
  • 平成26年10月13日 北海道新幹線用車両H5系第一編成が函館港に陸揚げされ、深夜(14日)に函館総合車両基地に運び込まれる。
  • 平成26年11月20日 函館総合車両基地において、報道関係者等にH5系の内装がお披露目(JR北海道「北海道新幹線スペシャルサイト」、北海道「超!!旬ほっかいどう」)
  • 平成26年12月1日 北海道新幹線の走行試験が開始。H5系車両が函館総合車両基地を出発し、新函館北斗駅に入線。
  • 平成27年(2015年)3月1日 保線や電気設備の管理等を行うため、JR北海道「函館新幹線準備工務所」、「函館新幹線準備電気所」を設置。
  • 平成27年7月31日 訓練運転、開業諸準備を本格的に行うため、JR北海道が「新幹線準備運輸車両所」を「函館新幹線総合車両所」に名称変更(JR北海道プレスリリース「北海道新幹線開業に向けた組織の設置について」
  • 平成27年8月1日 総合車両基地の主な地上設備の管理が鉄道・運輸機構からJR北海道に引き継がれる。
  • 平成27年11月1日 運転業務や車掌業務のため、JR北海道「函館新幹線運輸所」を設置。
  • 平成28年(2016年)3月1日 函館新幹線総合車両所を報道関係者に公開
  • 平成28年3月26日 北海道新幹線「新青森・新函館北斗間」開業
  • 平成42年度末(2030年度末) 北海道新幹線「新函館北斗・札幌間」開業(予定) 

全国の新幹線総合車両基地

全国の新幹線総合車両基地の名称と管轄、所在地、一般見学の表
名称 JR 所在地 一般見学
JR北海道 函館新幹線総合車両所 JR北海道 北海道七飯町
JR東日本 新幹線総合車両センター JR東日本 宮城県利府町  PRコーナー
JR西日本 白山総合車両所 JR西日本 石川県白山市 見学
JR西日本 博多総合車両所 JR西日本 福岡県那珂川町 見学
JR九州 熊本総合車両所 JR九州 熊本県熊本市 見学
新幹線の総合車両基地については、北海道新幹線開業記念事業「新幹線車両基地日本縦断ツアー」実施報告のページにおいて紹介しています。
 

七飯町(地元自治体)の取り組み

子どもたちがH5系ミニ新幹線に乗る様子
子どもたちが新幹線と一緒に映る写真
新幹線車両基地での集合写真

参考

お問い合わせ先

総務部政策推進課
電話:0138-65-5792
FAX:0138-66-2054

北海道新幹線

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー