ここから本文です。

北海道縦貫自動車道「大沼~七飯間」着工について

中宮町長の写真 平成27年度北海道開発事業費(函館開発建設部実施分)について北海道縦貫自動車道[七飯~大沼]高規格幹線道路整備に7億円の予算が配分されました。

 現在は、函館~札幌間の幹線道路が国道5号のみであり、この区間の交通事故対策や安定した物流・観光振興施策として、早期着工を強く要望していたところであり、尽力いただいた関係者に心から感謝申し上げます。

 七飯町といたしましては、この度着工となります北海道縦貫自動車道と北海道新幹線開業による効果を最大限に活かすため、「西洋農業発祥の地」をテーマとした賑わいのある交流拠点機能、北海道のゲートウェイとしての広域観光・交通情報提供機能及び駒ヶ岳噴火に対する防災拠点機能などを兼ね備えた地方創生の核となる「道の駅」の施設整備と併せ、地域活性化に繋がるよう、関係機関と連携しながら北海道縦貫自動車道の着実な整備促進に協力して参ります。
 
平成27年(2015年)5月29日
七飯町長 中宮 安一

お問い合わせ

総務部政策推進課
電話:0138-65-5792
FAX:0138-66-2054

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る