ここから本文です。

住宅地等における農薬使用について

農薬飛散による被害の発生を防ぐために

学校、保育所、病院、公園等の公共施設、街路樹、住宅地とこれに近接する土地、住宅地に近接する森林等、及び住宅地に隣接した家庭菜園・市民農園を含む農地の管理にあたっては、農薬の飛散を原因とする、住民や子ども等への健康被害が生じないよう、農薬を使用しない管理を心がけましょう。また、農薬を散布せざるを得ない場合でも、農薬の飛散防止に努めるなど、十分な配慮をしましょう。
※農薬には、病害虫の防除を目的に散布するものの他に、ガーデニングや家庭菜園用のスプレー式殺虫剤や殺菌剤、芝生等の雑草対策で使用する除草剤も含まれます。

農薬の回数と量を減らす

・病害虫や雑草の早期発見に努める
・農薬のスケジュール散布(病害中の発生や被害を確認せずに、定期的な散布)はやめる
・栽培前に病害虫に強い作物や樹木、品種について検討する
・農薬以外の物理的防除を優先して行う

農薬を使用する場合に守るべきこと

・飛散しない農薬を選ぶ
・農薬の飛散防止に最大限配慮する
・農薬はラベルに記載された内容に従って使う
・事前に十分な周知を行う
・散布区域に人が入らないように対策を講じる
・農薬の使用履歴を記録し、保管する
・むやみな農薬の現地混用は行わない
※詳細については、「住宅地等における農薬使用について」(農林水産省ホームページ)をご覧ください

お問い合わせ

経済部農林水産課

電話:0138-65-5793 MAIL:nourin@town.nanae.hokkaido.jp

FAX:0138-66-2054

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る