ここから本文です。

北海道の集中対策期間が終了しました<3/10最新情報>

北海道の集中対策期間が終了しました<3/10最新情報>


国は、1月7日に1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)を対象区域とする2度目の緊急事態宣言を発出し、1月13日には2府5県(栃木県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県)を対象区域に追加しました。

その後、2月8日に栃木県が解除となり、3月1日には2府4県(岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県)も解除となりましたが、1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)の緊急事態宣言は、3月21日まで延長されました。
 

北海道は、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数や入院患者数等の改善傾向が継続していることから、4か月以上にわたり実施した「集中対策期間」を3月7日で終了しました。

集中対策期間は終了しましたが、3月以降の就職・転勤、卒業・進学等に伴う人の動きや会食機会の増加などといった感染リスクが高まる時期に備え、安心してワクチン接種を受けられる環境づくりを進めることが重要であることから、引き続き緩むことなく、飲食の場面などにおける感染防止に向けた行動の徹底をお願いします。

(1)外出の際には

  • 体調が悪いときには、外出を控える。
  • 重症化リスクの高い方と接する際はリスク回避行動を徹底する。
  • 感染拡大地域への訪問は、行き先などを慎重に検討する。
  • 緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を控える。

(2)飲食の際には

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践などを宣言している店舗を利用する。
  • 「黙食」を実践する(食事は4人以内など少人数、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用)。

(3)職場内では

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践を進める。
  • 休憩場所など、感染リスクが高い場所での対策を徹底する。
  • テレワークや時差出勤を推進する。

七飯町民の皆様へお願い

これまでの感染予防対策と同様に、手洗い、マスクの着用、不要不急の外出を避けるなど、引き続きこれらの取り組みを継続して行って下さい。また、人が集まる会合の開催や参加を控えるなど3密(密閉、密集、密接)対策の徹底をお願いいたします。
これに加えて、自宅も含め大人数や長時間の飲食を控えていただくとともに、感染リスクを回避できない場合には、他の都府県において行動制限が要請されている地域との不要不急の往来を控えていただくようお願いいたします。

 
町民の皆様におかれましては、北海道が示す行動基準等を参考に、感染リスクを回避する行動をとられますよう宜しく願いいたします。



北海道は集中対策期間を再延長<1/15情報>

<北海道からの要請>

全国的な感染拡大の中、道内においても再拡大が懸念されることを踏まえ、集中対策期間を1か月延長し、全道の対策を進めるとともに、特に感染者数や入院患者が高い水準にある札幌市における強い措置を講じます。
これまで、道民、事業者の皆様には大きなご負担をおかけしてきたところですが、2月15日までの新たな集中対策期間における感染の抑制に向けて、引き続きご協力をお願いします。  

集中対策期間1/16(土)~2/15(月)※再延長となりました。


”対策のポイント”(北海道民及び道内に滞在している皆様への要請)

■緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を控える

■感染リスクを回避できない場合 

  • 札幌市内における不要不急の外出や往来を控える
  • 札幌市との不要不急の往来を控える

■感染リスクを回避する行動の徹底

  • できる限り同居していない方との飲食は控える
  • 重症化リスクの高い方と接する方等は、マスクの着用、手洗いなど、感染リスクを回避する行動の更なる徹底など

外部リンク

お問い合わせ

民生部子育て健康支援課

電話:0138-66-2511

FAX:0138-66-3955

Eメール:kosodatekenkou@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る