ここから本文です。

「ごみ出し方」新型コロナウイルス感染症対策編 

ごみの出し方の4つの感染症対策

  1. ごみ袋はしっかりしばり・ごみ袋の空気を抜きましょう
    ・ごみが散乱・破裂するとステーションが不衛生になります。衛生的なステーションにしましょう。
  2. 生ごみはしっかり水分を抜きましょう!
    ・生ごみの約80%は水分です。水分を切ることで、ごみを減らすことが出来ます。
  3. 家のごみを減らしましょう!
    ・購入したものは「食べきる・使いきる」ことで、ごみを出さないことも大切です。
  4. 「七飯町のごみの出し方・分け方」を守りましょう!
    ・収集後に異物が隠れていた場合、作業員が手作業で取り出すので感染リスクが高まります。適正な分別をお願いします。

使用済マスク・ティッシュ等の出し方

  1. 使用済マスク・ティッシュ等の感染リスクのある物を捨てるときは、ごみ箱にごみ袋(ビニール袋など指定袋以外の袋)をかぶせて、いっぱいにならないようにしましょう!
  2. 燃やせるごみ袋(指定袋)の空気を抜いて、しっかりしばって捨てましょう!
    ※ごみが袋の外側についたときや、袋がやぶれたときは、ごみ袋(指定袋)を二重にしましょう!
  3. ごみを捨てたあとは、石鹸で手を洗いましょう!

ごみの出し方に関するお願い

 感染症対策としてのごみの捨て方に沿って捨てていただくことにより、ご家族だけでなく、皆さまが出したごみを扱う職員や廃棄物処理業者の方にとっても、新型コロナウイルスの感染症対策として有効です。また、ごみを捨てる際には、七飯町のルールに従うとともに、ポイ捨ては絶対にやめましょう。

お問い合わせ

民生部環境生活課廃棄物対策係

電話:0138-65-2516

FAX:0138-65-9280

Eメール:323-haikibutsu-t@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る