ここから本文です。

令和4年度から子宮がん・乳がん検診の受け方が変わります

2021年11月15日

子宮がん検診の受診間隔が「2年に1度」に変わります

厚生労働省の指針で、対象者を20歳以上、受診間隔は2年に1回と定められています。
この指針に沿って実施します。

 子宮・乳がん検診(病院で受ける場合)の「対象者」と「受診方法」が変わります

2年に1回の受診の時期を分かりやすくするため、以下の対象に変更します。

子宮がん検診の対象者について

令和4年度の受診対象者は20歳以上で西暦偶数年に生まれた方です。
 

乳がん検診の対象者について

令和4年度の受診対象者は40歳以上で西暦偶数年に生まれた方です。
 

受診方法について

保健センターでの手続きはありませんので、直接医療機関へ予約をしてください。
 

集団検診の対象者について

  • 子宮がん検診:20歳以上で、かつ昨年度の子宮がん検診の助成を受けていない方
  • 乳がん検診: 40歳以上で、かつ昨年度の乳がん検診の助成を受けていない方
※詳しくは保健センターまでお問合せください。

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る