ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について


 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少し、七飯町国民健康保険税の納付が困難な方は国民健康保険税の減免を申請することができます。
 

対象となる世帯(次のアかイのいずれか減免額の多い方)

(ア)新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡、又は1カ月以上治療を有する等重篤な傷病を負った世帯
(イ)新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入(以下「事業収入等」といいます。)の減少が見込まれる世帯

※「世帯の主たる生計維持者」とは、住民票上の世帯主や世帯の中で最も所得が高い方等のことです。
※前年の所得の合計が1,000万円より多いときや、減少する見込みの収入以外の種類の収入にかかる前年所得の合計が400万円より多いときは、対象になりません。
(例として、年間で30%以上減少する見込みの給与収入のほかに減少していない不動産収入や雑収入があり、その分の前年所得の合計が400万円より多い場合。)
※会社都合による離職等により国民健康保険税の減免を受けられる方(非自発的失業者)で給与収入以外の収入がないときは、対象になりません。

減免対象となる期間の国民健康保険税

令和4年(2022年)4月1日から令和5年(2023年)3月31日までの間に納期限がある保険税

減免額

アに該当する場合:国民健康保険税を全額免除
イに該当する場合:国民健康保険税の一部を減額
【イのときの減免額の計算方法】
減免額=A×B÷C×D
A:世帯の国民健康保険税額
B:主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額
C:主たる生計維持者および世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額
D:減免割合(下表参照)
【減免割合】
世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額 減免割合
300万円以下 10分の10
300万1円~400万円以下 10分の8
400万1円~550万円以下 10分の6
550万1円~750万円以下 10分の4
750万1円~1,000万円以下 10分の2

※新型コロナウイルスの影響により事業を廃止または失業したときは、減免割合は10分の10になります。
※前年中の所得額が0またはマイナスのときは減免になりません。

申請方法

PDF国民健康保険税減免申請書 (104.6KB)」にPDF収入見込額計算書 (109.9KB)と以下の書類を添えて役場住民課国保年金係に申請してください。

アに該当する場合
新型コロナウイルス感染症により死亡、または重篤な傷病を負ったことがわかる書類(診断書等)

イに該当する場合
(1)主たる生計維持者の令和4年1月以降の事業収入等がわかる書類(帳簿の写し、給与明細、保険金や損害賠償金の支払通知等)
(2)主たる生計維持者の令和3年中の収入や所得がわかる書類(確定申告書の控え、源泉徴収票等)
(3)世帯の令和3年中の収入や所得がわかる書類(確定申告書の控え、源泉徴収票等)
(4)主な生計維持者が新型コロナウイルス感染症の影響により事業を廃止または失業したことがわかる書類(退職証明書等)

(1)は提出必須です。(2)(3)は審査のために提出をお願いすることがあります。(4)は必要なときに提出をお願いします。

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

住民課国保年金係

電話:0138-65-2513

FAX:0138-65-9280

Eメール:312-kokuho-n@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る