ここから本文です。

新型コロナウイルス感染者における全数把握の見直しについて

新型コロナウイルス感染者全数把握の見直しに向けた北海道の対応について

 新型コロナウイルス感染者の全数把握が、65歳以上の方、入院を要する方、重症化リスクがあり、新型コロナウイルス感染症治療薬の投与又は新たに酸素投与が必要と医師が判断する方、妊婦に限定して行うことと見直されました。これに伴い北海道では、令和4年9月26日(月)から、ご高齢や重症化しやすい方々に適切な医療の提供を行うため、症状が軽い方は、ご自身の健康管理による自宅療養を基本とし、体調が悪化した場合に相談対応する、「北海道陽性者健康サポートセンター」の運用を開始します。

全数把握の対象者

  • 65歳以上の方
  • 入院を要する方
  • 重症化リスクがあり、かつ、治療薬又は酸素投与が必要な方
  • 妊婦の方
 上記4類型に当てはまる方は、引き続き感染症法に基づく医療機関による保健所への届出の対象となります。

全数把握見直しに伴う「陽性者健康サポートセンター」の設置について

  • 9月26日より「陽性者健康サポートセンター」の運用が開始され、24時間体制で自主療養者からの体調悪化時等の相談に応じます。
  • キットを利用した自己検査による陽性疑いの方の登録や自宅療養セットの申請受付なども「陽性者健康サポートセンター」を通じて行うこととなります。
 詳細については、下記北海道の情報をご確認下さい。

 陽性者向けリーフレット(PDF)
 PDFコロナに関する支援の流れ(PDF) (92.5KB)

自宅療養者への支援物資の提供について

 町ではこれまで、自宅療養者の方に対し、北海道からの支援物資(食料・生活用品等)の遅延に伴い、町独自の施策として3日分の支援物資を提供してまいりましたが、国の全数把握の見直しと北海道支援物資提供の遅延解消により、町からの提供を停止することと致しますので、何卒ご理解を宜しくお願い致します。

 自宅療養者への支援について(北海道が実施)


 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

健康推進課

電話:0138-66-2511

FAX:0138-66-3955

Eメール:kenkou@town.nanae.hokkaido.jp

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る